団塊世代が定年を迎えることによって、会社(企業)は大きな転換期を迎えます。団塊世代が支えてきた技術力低下問題、最近の新卒者就職活動の動向など

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
企業の目線から見ると、採用状況は厳しい年とのことで採用目標を達成できた企業は全体の3割程度となっています。
その内訳は、会社規模による内定受託率ではなく、採用ブランド力や採用活動によるもののようです。
学生の就職活動は当面、完全な売手市場になるだろうというのが、大方の予想です。
学生のほうの最終的な決断の動機は、社風や魅力的な社員というのが約6割と高く、企業のブランド、イメージでの決定にはいたっていない。
しかしながら、近年の新卒社員は3年で辞める人が3分の1と言われる。人間力を重視する就職活動をした後、企業を決定するが、理想と現実のギャップの違いに新しい職場を求める人も少なくないようだ。


入社式を迎えて、1年後に3分の1が辞めてしまっているのが、実情のようだ。
スポンサーサイト

関連タグ : 団塊世代,

大手の日本製造業者の団塊世代熟練工の技術伝承状況は下記のとおりです。
トヨタ自動車:グローバル生産推進センターを設置して、臨時職にも熟練工が技術伝授
三菱重工業:マンツーマンで技術で伝授する制度を全工場で実施
マツダ:ベテラン技術者が集中教育する研修制度を拡充
松下電器産業:社内技術大学を設置。教育は先輩技術者らが担当

関連タグ : 団塊世代,

戦後の日本経済を支えてきた製造業は団塊世代に支えられてきたといっても過言ではありません。
その中でも製造業に分類されるトヨタ自動車、ホンダなどの自動車産業やSONY、松下電気産業などの家電・AV機器メーカーなどの団塊世代の退職による技術力低下が問題視されています。
団塊世代退職によって、現場に大きな空白が生じます。近年の不況で日本の多くの企業は採用人員を減らし対応していたことが現在の労働力難にもつながっています。
そのため、各日本企業は団塊世代の技能・技術を若い世代に伝承する作業が加速しています。

関連タグ : 団塊世代,

団塊世代の定年退職により、新卒の就職活動にも変化が見られてきました。
企業側の採用意欲も高く「昨年以上の売り手市場」とのことです。
「就活」シーズン本格化―大阪 (11月27日18時3分配信 時事通信)
2009年春卒業予定の学生を対象とした大規模な就職イベントが27日大阪で開催された。
約250社が参加、2日間で延べ4万人の来場が見込まれている。

関連タグ : 団塊世代,

団塊とはかたまりのことで、団塊世代とは、戦後のベビーブームに誕生した、2007年現在50代半ばを迎える世代の人々をいいます。
人工ピラミッドを見る感じでは、具体的には、第二次世界大戦後(1945年終戦)の1947年-1949年に出生率が高くなっています。
2007年現在でいうと、58歳-60歳の年代で、一般的にいわれる60歳定年の年といえます。
また団塊ジュニアとは、団塊世代の子供達が1970年-1975年に多く生まれており、2007年現在で32歳-37歳です。

関連タグ : 団塊世代,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。