団塊世代が定年を迎えることによって、会社(企業)は大きな転換期を迎えます。団塊世代が支えてきた技術力低下問題、最近の新卒者就職活動の動向など

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大手の日本製造業者の団塊世代熟練工の技術伝承状況は下記のとおりです。
トヨタ自動車:グローバル生産推進センターを設置して、臨時職にも熟練工が技術伝授
三菱重工業:マンツーマンで技術で伝授する制度を全工場で実施
マツダ:ベテラン技術者が集中教育する研修制度を拡充
松下電器産業:社内技術大学を設置。教育は先輩技術者らが担当
スポンサーサイト

関連タグ : 団塊世代,

戦後の日本経済を支えてきた製造業は団塊世代に支えられてきたといっても過言ではありません。
その中でも製造業に分類されるトヨタ自動車、ホンダなどの自動車産業やSONY、松下電気産業などの家電・AV機器メーカーなどの団塊世代の退職による技術力低下が問題視されています。
団塊世代退職によって、現場に大きな空白が生じます。近年の不況で日本の多くの企業は採用人員を減らし対応していたことが現在の労働力難にもつながっています。
そのため、各日本企業は団塊世代の技能・技術を若い世代に伝承する作業が加速しています。

関連タグ : 団塊世代,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。