団塊世代が定年を迎えることによって、会社(企業)は大きな転換期を迎えます。団塊世代が支えてきた技術力低下問題、最近の新卒者就職活動の動向など

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
企業の目線から見ると、採用状況は厳しい年とのことで採用目標を達成できた企業は全体の3割程度となっています。
その内訳は、会社規模による内定受託率ではなく、採用ブランド力や採用活動によるもののようです。
学生の就職活動は当面、完全な売手市場になるだろうというのが、大方の予想です。
学生のほうの最終的な決断の動機は、社風や魅力的な社員というのが約6割と高く、企業のブランド、イメージでの決定にはいたっていない。
しかしながら、近年の新卒社員は3年で辞める人が3分の1と言われる。人間力を重視する就職活動をした後、企業を決定するが、理想と現実のギャップの違いに新しい職場を求める人も少なくないようだ。


入社式を迎えて、1年後に3分の1が辞めてしまっているのが、実情のようだ。
スポンサーサイト

関連タグ : 団塊世代,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。